商品プランナー、商品開発士の認定は、わが国では唯一、日本商品開発士会がその資格認定を行っています。

 



Product planner





Pruduct producer


 


 
Pruduct coordinator

 
 

 

社団法人日本販路コーディネータ協会

 JMC(社)日本販路コーディネータ協会 トップページ 法人概要 養成講座 お問い合わせ リンク
JMCP 日本商品開発士会認定講師について

JMCP認定 日本商品開発士会認定講師制度
商品開発コーディネーターは、 協会の講師養成研修(毎年1月)を受講し、「面談審査」、「録音審査」等に合格、登録申請書類と自己プロフィールを提出し審査を受けることで、JMCPの商品プランナーの認定講師として登録できます。

日本商品開発士会では毎年度、企業及び公的研修、資格認定研修プログラムやMMP等の認定講師を認定しています。
内閣府の食の6次産業化プロデューサーの協会講師や、協会からの各都道府県の派遣者講師、東京都中央会などの専門家派遣の方々などは、認定講師登録者が条件となっており、協会認定講師の方は各産業界で幅広く活躍されています。

<認定講師登録制度>
日本商品開発士会の認定講師は、認定講師スキルを増幅し、実績を増やすことによって3段階の認定講師ランクを取得できるようにしています。認定はミドル→エグゼクティブとランクアップします。使用できるカリキュラムテキストや、活動範囲の制限がランクアップするごとに広がっていきます。 ミドル認定講師受験の条件は、商品開発コーディネーターレベル資格取得者であって、協会の認定講師講習会を受講し、ご自分の講義の録音を提出、論文をもって審査合格となります。

エグゼクティブ認定講師は、ミドル級認定講師で、MMCO(マネジメントマーケティング・コーディネー ター)を取得し、かつMMP総研研究員の方を対象に、オーディション審査を別途受けていただくことでエグゼクティブ認定講師として登録されます。なお、エグゼクティブ認定講師は、年間の更新が無料になる他、協会講師の推薦制度もあります。
(※)ミドル級認定講師は、商品プランナーレベルの研修を行える方、2018年までに認定講師を取得した方は、全員ミドル認定講師となります。

新規ミドル級認定講師・登録制度の概要
◆ミドル級認定講師
商品プランナーレベルの研修を行うには、企業、専門学校、大学を対象とし、講師は、商品開発コーディネーターレベル資格保有者であって、ミドル級認定講師養成研修受講の講師であることを基本としています。
◆本格的な企業研修、学校教育
また、認定講師は事務局に届出の上、公式テキストを使用した企業内研修を開催できます。
本格的な企業研修、学校教育では、
@3級レベル研修講師は、商品開発コーディネーター資格取得者で、ミドル級認定講師が必須条件となっています。
A研修内容は、相手先の要望に合わせることができます。また、実施時には協会の研修ツールを随時、分野ごとに各研修先企業に合わせて編集しますが、その著作権等は協会に帰属しています。
Bテキストは、書籍、公式テキスト、事例集、DVDなどが協会から発行されているものに遵守します。

参加資格
ミドル級認定講師は、商品開発コーディネーターを取得している方
エグゼクティブ認定講師は、MMCO(マネジメントマーケティング・コーディネーター)を取得し、かつMMP総研研究員の方


認定講師紹介


手続き
企業、行政機関、専門学校、大学の講師派遣依頼や、協会主催の資格研修担当講師について、下記のように認定講師登録制度を設けています。認定講師は、商品開発士、もしくは商品開発コーディネーター資格取得者であって、協会の講師養成研修を 受講し、面談審査、論文審査に合格、登録申請書類と自己プロフィールを提出することで、 協会認定講師として登録されます。
また、各学校、企業等にて協会のカリキュラムに基づき、講座を開設していただくこともできます(講師規定を遵守いただきます)。
※なお、講師の紹介斡旋等はしておりません。

2020年度ミドル認定講師講習会

 JMCグループでは、毎年度、認定講師更新と新規講師認定のための講習会を実施しています。
 認定講師は、各都道府県、商工会議所、商工会、産業振興公社、中央会等の専門家に登録して派遣専門家やセミナー講師として、さらに学校や職業訓練校の講師など、各産業界で幅広く活躍しています。

 今期の講習会では、「場おこし講座認定講師講習会」を同時に実施し、ミドル認定講師講習会のカリキュラムでその解説を行います。場おこし認定講師は、ミドル認定講師を取得されている方はどなたでも講習会を受講できます。
 「場おこし講座認定講師講習会」の受講は任意です。場おこし認定講師には別途論文等の提出が必要になります。詳しくはこちらをご参照ください。

ミドル認定講師登録手続きの手順と料金について

■新規登録の方
(1)受付フォームより申し込み
(2)認定講師講習会の受講、面談審査
(3)論文・録音審査提出
・論文のテーマは「後進に対する指導・育成について」文字数3000字〜4000字(図表を除く)
・録音は取得資格の初級レベルのテキストから得意な項目(15分)の疑似セミナー(CD-ROM・DVD-ROMを郵送もしくはMP3形式でweb送信)
(4)合格後、登録書類提出(当ホームページ上に認定講師として顔写真・プロフィール等の掲載が可能です)

登録料
 研修受講料、テキストおよび審査料・・・税込32,400円 (テキスト、録音及び論文審査料、初年度登録料含む)
 テキストは当日配布します

ミドル認定講師講習会

開催日時


ミドル認定講師講習会

日時:2020年1月19日(日)
・13:00〜15:00
「認定講師講習会」及び「場おこし講座認定講師講習会」

セミナー講師、講師活動のカリキュラム研修
・対象者:販路コーディネータ1級
      商品開発コーディネーター
      セールスレップ・マイスター(旧1級)
      営業士マスター

新規認定講師
(新規登録申請者のみ、1ヶ月以内に論文及び録音提出) 
面談あり:15:00〜16:00

会場 台東区民会館 東京都台東区花川戸2-6-5
資格 商品開発コーディネーターレベル
当日持参品 身分証明書
料金

新規登録の方:32,400円(研修・テキスト・録音および論文審査料、初年度登録料含む)
登録更新の方:5,400円
※エグゼクティブ認定講師は更新料無料
※セールスレップ・販路コーディネータ協同組合員は、更新料無料(新規登録の場合は有料)

受付期限 2019年1月10日(木)
お申込み 以下の受付フォームからお申し込みいただきますと、振込先口座をご案内するメールが届きます。
受付フォーム

■登録更新の方
認定講師登録料・・・税込5,400円/年
「認定講師講習会」及び「場おこし講座認定講師講習会」受講のご希望の方は任意でお申込みください。
受付フォーム
場おこし講座認定講師講習会は、ミドル認定講師の資格取得者ならどなたでも受講できます。
エグゼクティブ認定講師は年会費が無料となります。

■エグゼクティブ研修講師受験者の方
ミドル級認定講師で、MMCO(マネジメントマーケティング・コーディネー ター)を取得し、かつMMP総研研究員の方が対象です。

登録台帳および名簿の作成等
講師登録者の氏名等は、本協会備え付けの講師登録者台帳に記帳します。
※講師はレベルごとの登録制度としています
  (2級レベル講師登録者は3級レベルの資格研修を行なうことができます)。
※各地域のJMC認定研修センターにおいては、毎期ごとに3名以上の講師登録者の申請、在籍を必須としています。
※講師は年度ごとに更新が必要です。

認定講師の活動分野について
(社)日本商品開発士会のカリキュラムに沿った講師活動が認められる。

民間企業向けカリキュラム研修講師など
・認定登録者向け研修:日本商品開発士会MM戦略会議研修及び研修カリキュラム講師等
・民間企業研修:商品プランナー研修プログラム、MM戦略会議研修及び企業研修カリキュラム講師等
・民間企業合同開催研修:商品プランナー研修プログラム、 MM戦略会議研修及び企業研修カリキュラム講師等

公的機関等の研修講師など
・公的研修:国、地方自治体、公共団体、外郭団体及びそれらに準じる組織、団体向け(一社)日本販路コーディネータ協会研修カリキュラム講師など

学校教育授業教育など
(一社)日本販路コーディネータ協会/日本商品開発士会カリキュラムでの授業教育
・高校・専門学校学校向け:単科教科 ・・・ビジネス基礎教育向け
・大学・専門学校等教科向け:販路コーディネート等・・・ 選択科目向け

エグゼクティブ認定講師のオーディションはこちら




なお、学校教育機関様等を対象とした学校導入参考事例はこちらから。

     JMC(社)日本販路コーディネータ協会日本商品開発士会 (社)日本販路コーディネータ協会内
    〒115-0045 東京都北区赤羽西4-4-2 倉上ビル1階
    Eメール info@jmcp.jp
    電話:03-5948-6581(代表)

    Copyright(c)JMC. All Right Reserved.

新刊情報


学校認定校制度



商品プランナー認定
本協会認定の教育課程を履修し単位修得した者に、学校の申請に基づき資格認定証を 授与